HWN065 <自閉症>脳内で免疫細胞活発化 抑制で治療に道

医学の進歩が著しいとニュース読んだりみたり聞いたりすると思うことが多くなりましたね。今回は自閉症に関するニュースをメモしておきます。

腰痛や肩こりに絶対に誰にでも効果があり副作用がない治療方法が見つかるといいなといつも思っています。研究は続きます。

▼自閉症:脳内で免疫細胞活発化 抑制で治療に道

 自閉症の人の脳では、そうでない人と比べてある種の免疫細胞の数が増え、その活動も活発になる傾向があることを、浜松医大と中京大などのグループが臨床研究で確かめたと発表した。この細胞の働きを抑えることができれば、自閉症の治療や予防法の開発につながるという。米国の精神医学専門誌(電子版)に27日、論文が掲載される。

 研究グループは自閉症の人たちのNPO法人「アスペ・エルデの会」(名古屋市)の協力を得て、18〜30歳の自閉症男性20人の脳の様子を、浜松ホトニクスが開発した特殊なPET(陽電子放射断層撮影)装置で観察し、自閉症でない男性20人と比べた。すると、自閉症の人では脳内の損傷修復を担う免疫細胞の「ミクログリア」が各部位で一様に多く、活発になっていた。

 ミクログリアは胎児期に脳に定着すると考えられている。研究グループは、自閉症の人は複数種類の神経で情報伝達がうまくいかないことを確かめており、これにミクログリアの異常が関わっているとみている。浜松医大の森則夫教授(精神神経医学)は「症状との関係が分かれば、働きを抑える治療が可能になると思う」と話す。

 自閉症は発達障害の一種。引用元:自閉症:脳内で免疫細胞活発化 抑制で治療に道

精神面と肉体面の関わりについては随分とわかってきていることですが、まだまだ人間の身体は複雑ですから解明するにはまだまだ時間がかかると思います。ですが、すべてがわかればいいかと言うとそういうことでもないと思います。人間の神秘な部分はそう簡単にはわからないとも思います。これからの医療の発展は期待しながらも鍼灸師として現場でできることを追求していきたいと思います。

▼おすすめ

あきらめないで! 自閉症 幼児編 (健康ライブラリースペシャル)
あきらめないで! 自閉症 幼児編 (健康ライブラリースペシャル) 平岩 幹男

講談社 2010-03-31
売り上げランキング : 95964

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. アクセス

    アクセス・地図 院名 ボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院 所在地 〒157-…
  2. 女性鍼灸師 佐藤佳菜子

    佐藤佳菜子 鍼灸師10年目を過ぎた頃に、前々から興味があった漢方薬についてもっと勉強を…
  3. 男性鍼灸師@草野健朗

    草野健朗国学院久我山高校、青山学院大学とラグビーに打ち込んだ学生時代。卒業後会社員を経験後、トレーナ…
ページ上部へ戻る