HWN121 風疹「非常事態」宣言も…GW前に予防接種を


photo credit: Al_HikesAZ via photopin cc

風疹「非常事態」宣言も…GW前に予防接種を。このブログでもなんどかニュースをシェアして警告を発してきていますが、風疹の流行がおさまる傾向がみえないようです。


妊婦が感染すると胎児に障害が出る可能性がある風疹が、都市部を中心に大流行の状況になった。
今年初めから14日までの患者の累計は昨年同期の30倍にあたる4068人で、特に20代から40代の男性が多い。人の移動が多いゴールデンウイークでさらに広がりかねず、東京都では全23区などでワクチン接種の費用助成を開始、神奈川県も非常事態を宣言して総額1億円の助成を決めた。

 

23日、横浜市の「横浜こどもクリニック」を訪れた同市の主婦(31)は、接種を終え、ほっとした表情を浮かべた。長男(1)を妊娠した際の血液検査で風疹の抗体の数値が低く、感染する可能性があると告げられていた。主婦は「2人目を妊娠する可能性がある。注射で防げるなら、リスクを減らしたい」と話した。同クリニックでは同市で助成が始まった22日からの2日間で、男女5人が接種を受けたという。

 

風疹の感染は、妊婦への危険性は知られているが、通常は症状が軽い。男性の場合、34歳以上(4月現在)の人は自治体の予防接種の対象になっていなかったこともあり、これまでの患者のうち78%が男性。約6000~約1万円のワクチンの接種費用も壁になっていた。

 

神奈川県では、黒岩祐治知事が今月16日に風疹流行の「非常事態」を宣言、妻が妊娠中の夫らを対象に予防接種費用を助成する市町村に対し、総額約1億円を支援すると発表した。県によると、これまでに全33市町村のうち横浜市など17市町村が助成を決めた。

 

東京都によると、都内では23区のほか、多摩地方の多くの自治体でも助成を決めている。都感染症情報センターは、15日から、公式サイト(http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/rubella/vaccine/)で、区市町村名をクリックすると各自治体の公式サイトにつながり、対象者や助成額の割合などを把握できるようにした。

引用元(2013年4月24日10時17分 読売新聞)

ツボ
とにかく周囲に妊婦さんがいる人は急いで予防接種を打つようにアドバイスをしてあげてください。

おすすめ

H5N1型ウイルス襲来―新型インフルエンザから家族を守れ! (角川SSC新書)
H5N1型ウイルス襲来―新型インフルエンザから家族を守れ! (角川SSC新書) 岡田 晴恵

角川SSコミュニケーションズ 2007-11
売り上げランキング : 122293

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. アクセス

    アクセス・地図 院名 ボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院 所在地 〒157-…
  2. 女性鍼灸師 佐藤佳菜子

    佐藤佳菜子 鍼灸師10年目を過ぎた頃に、前々から興味があった漢方薬についてもっと勉強を…
  3. 男性鍼灸師@草野健朗

    草野健朗国学院久我山高校、青山学院大学とラグビーに打ち込んだ学生時代。卒業後会社員を経験後、トレーナ…
ページ上部へ戻る