JUD052 地球温暖化でリンゴが軟化、甘みは増加 果樹研究所が発表


photo credit: madlyinlovewithlife via photopin cc

世田谷区成城祖師谷砧の整骨院の市間です。今日のブログは、「地球温暖化でリンゴが軟化、甘みは増加 果樹研究所が発表」についてです。

【AFP=時事】地球温暖化が原因で、リンゴの果実の堅さはある程度失われたが、甘みは増したという調査結果をまとめた論文が15日、英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に発表された。

ボルドーワインにも気候変動の脅威、フランス

 調査を行った農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所(National Institute of Fruit Tree Science、NIFTS)などの研究チームによると、日本国内2か所の果樹園で1970~2010年に収集されたデータを解析した結果、気候変動がリンゴの味と質感に影響を及ぼしている明らかな証拠が示されたという。

 研究チームは「そのような変化はすべて(リンゴの生育期における)開花の早期化と気温上昇に起因する可能性がある」と論文に記している。

 世界のリンゴ生産量は年間約6000万トンで、全果物のうち3番目に多い。地球温暖化によるリンゴの木の開花の早期化や、降雨量と気温の変化が収穫量に与える影響については、これまでの研究で明らかになっていた。

 今回の調査の対象となった果樹園は、世界で最も人気が高い品種の2種、「ふじ」と「つがる」を生産している。果樹園がある長野県と青森県は、それぞれ平均気温が10年ごとに0.31度と0.34度上昇している。この2か所の果樹園が選ばれた理由は、長期間にわたって品種と運営方法に変化がないため、リンゴの変化に影響する生産技術の改善など、気候以外の要因が排除されるからだ。

 長年にわたり収集されたデータには、酸度、糖度、果実の堅さ、蜜病(リンゴの果肉内に水分の多い部分ができる病気)などの測定値が含まれている。

 分析の結果、時と共に酸度、果実の堅さ、蜜病は減少した一方、糖度は増加したことが分かった。

 論文の共著者、NIFTSの杉浦俊彦(Toshihiko Sugiura)氏は「リンゴの甘みが増すのは好ましく、堅さが失われるのは好ましくないと、われわれは考えている」とAFPに語る。「大半の人々は、甘くて堅いリンゴの果実を好むが、人それぞれに好みはある。軟らかいリンゴは日本語で『ボケ』と呼ばれる。さえないぼけた果実という意味だ」

 論文は、今回の調査結果について、「市場でのリンゴの味と質感という特性が、長期的な視点から見ると変化しているが、消費者はその微妙な変化には気付いていないかもしれないということを示唆している」と述べている。また研究チームによると、今回の研究は、気候変動が食べ物の味と食感に与える変化を測定した世界初の研究だという。【翻訳編集】 AFPBB News
引用元AFP=時事

柔道整復師
温暖化の影響は、作物の品質まで影響を与えているのですね。昔CMで「リンゴをかじると歯茎から血が出ませんか?」と言ってましたが柔らかくなってそんな事も無くなってくるかな。

保険診療を行っています!

整骨院で治療を受けた場合の患者様のメリットは?
1,保険診療を受けられる整骨院は国に認められた治療施設です。
保険証の負担割合によっても異なりますが、例えば3割負担で初回630円~、2回目以降160円~になります。
2,保険診療は安心安全の*国家資格「柔道整復師」が施術にあたります。
3,整骨院では交通事故の自賠責保険も適応できます。この場合「受領委任」という方法で整骨院では最初から施術代金はいただかずに治療を受けことができます。

>>整骨院での保険診療の詳細はこちらから
>>整骨院の交通事故における診療の詳細はこちらから

*国家資格には医師・柔道整復師・はり師・きゅう師・指圧マッサージ師があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. アクセス

    アクセス・地図 院名 ボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院 所在地 〒157-…
  2. 女性鍼灸師 佐藤佳菜子

    佐藤佳菜子 鍼灸師10年目を過ぎた頃に、前々から興味があった漢方薬についてもっと勉強を…
  3. 男性鍼灸師@草野健朗

    草野健朗国学院久我山高校、青山学院大学とラグビーに打ち込んだ学生時代。卒業後会社員を経験後、トレーナ…
ページ上部へ戻る