JUD055 スズメバチが猛威 少雨、猛暑影響か…被害・相談激増

photo credit: jurvetson via photopin cc世田谷区成城祖師谷砧の整骨院の市間です。今日のブログは、「スズメバチが猛威 少雨、猛暑影響か…被害・相談激増」についてです。

神奈川県内各地でスズメバチなどのハチが猛威をふるっている。駆除相談が激増し、各自治体が対応に追われる一方で、横浜市では中学生ら11人が刺されるなど被害も相次いでいる。猛暑と少雨が原因で大量発生したとの分析もあり、各自治体では「屋外活動には気をつけてほしい」と呼びかけている。

 8月22日、横浜市金沢区のハイキングコースで、スズメバチの大群が10人の中学生と男性教諭を襲い、病院に運び込まれた。教諭は10カ所もの刺し傷があったという。

 ハチに刺された人を救急車で病院に搬送するケースは増加傾向で、厚木市では4月から8月末までに28件と、昨年度1年間(15件)の倍近くに達した。

 住民から自治体への駆除相談も「今年は過去になく多い」(横須賀市)。巣駆除費用の一部を助成する横須賀市では4~8月末までに市職員が巣を確認したケースが887件。すでに昨年度1年間の578件を大きく上回り、過去最多だった平成21年度の1413件に迫る勢いだ。防護服の貸し出しなどを行う横浜市でも、7月末までの相談件数は約800件で昨年同期の1・5倍のペースだ。

 スズメバチの駆除業者などでつくる神奈川県ペストコントロール協会によると、4~7月の駆除依頼件数は762件と昨年同期の約4倍。横浜市中区や鶴見区など「都心部での相談が増えている」という。

 市職員が巣の駆除を行っている鎌倉市も対応にてんてこ舞いだ。7月末時点の駆除件数は373件で、昨年度1年間の約1・5倍に当たる。「昨年は依頼翌日に駆けつけることができたが、今年は3日ほど待ってもらっている」と職員。

 スズメバチはミツバチを襲う習性もあることから養蜂関係者も懸念を強める。綾瀬市内で養蜂場を営む男性は、通常は秋口の発生するスズメバチの大群が「8月中に出現したことに驚いた」と明かす。「気を抜くと、ミツバチの巣箱をやられてしまう」として、捕獲するわなを仕掛ける準備を急いでいる状況だ。

 今季スズメバチが大暴れする理由について、横浜市保土ケ谷区在住のスズメバチ研究家、中村雅雄さんは「少雨と猛暑が影響している」と分析する。巣が雨風で落ちず、気温が高かったことで生存率が上がり、個体数が増えたためだ。

 都市部は天敵が少なく、「快適なエリアとなっている」とも指摘。刺された場合、ショックで重症化する危険もあり、活動期の10月下旬までは住宅地でも警戒が必要となりそうだ。
引用元産経新聞

柔道整復師
スズメバチに限らずハチに刺されて怖いのは、アナフラキシーショックです。
ハチに刺されたら応急処置をして医師の治療を受けてください。
都会の自然環境の破壊が天敵を減らしスズメバチに住みよい住空間となっているとは、皮肉ですね。

保険診療を行っています!

整骨院で治療を受けた場合の患者様のメリットは?
1,保険診療を受けられる整骨院は国に認められた治療施設です。
保険証の負担割合によっても異なりますが、例えば3割負担で初回630円~、2回目以降160円~になります。
2,保険診療は安心安全の*国家資格「柔道整復師」が施術にあたります。
3,整骨院では交通事故の自賠責保険も適応できます。この場合「受領委任」という方法で整骨院では最初から施術代金はいただかずに治療を受けことができます。

>>整骨院での保険診療の詳細はこちらから
>>整骨院の交通事故における診療の詳細はこちらから

*国家資格には医師・柔道整復師・はり師・きゅう師・指圧マッサージ師があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. アクセス

    アクセス・地図 院名 ボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院 所在地 〒157-…
  2. 女性鍼灸師 佐藤佳菜子

    佐藤佳菜子 鍼灸師10年目を過ぎた頃に、前々から興味があった漢方薬についてもっと勉強を…
  3. 男性鍼灸師@草野健朗

    草野健朗国学院久我山高校、青山学院大学とラグビーに打ち込んだ学生時代。卒業後会社員を経験後、トレーナ…
ページ上部へ戻る