椎間板ヘルニアと主な腰痛について

腰椎の椎間板は椎骨と椎骨の間にあってクッション的な役割をしています。
この椎間板にはちょうど真ん中に位置した部分にゼリー状のような半液体状の髄核と、
その周囲を線維輪とで構成しています。

椎間板ヘルニアとは髄核が後方へ動いてしまい、脊柱管内にはみ出した状態を言います。

腰椎の画像

はみ出したヘルニアが神経を圧迫して、腰痛や臀部の痛み、足先にまで伝わる放散痛、シビレ、足に力が入らなくなり思うように動かせない状態を専門的に神経根性坐骨神経痛を腰椎椎間板ヘルニアと言います。

人口の1%程度に認められ20〜40歳代に多く、男性が女性より2〜3倍多く、原因は、加齢的な変化いわゆる腰椎症性変性に加え、ちょっとした外傷、スポーツや日常生活での捻挫や打撲などや長時間同じ姿勢を強いられる作業スポーツ傷害などが原因となることが多いです。

腰痛イメージ来院するきっかけとなった患者さんの中には重いものを持った際、風邪や花粉症時の「くしゃみ」などをきっかけに発症することもあります。

最近の研究では、遺伝的要因や喫煙が腰椎椎間板ヘルニアの発生に大きく影響しているという結果も出てきています。

起こり易い部位、好発部位は第4腰椎と第5腰椎の間、第5腰椎―第1仙椎の間の椎間板が最も多いとされています。

症状は腰痛や臀部の痛み、足先にまで響き渡る痛み(放散痛)、シビレ、間欠性跛行(数10m〜数100m歩行時に足に痛みやシビレが現れ、少しの時間休まないと歩行できない状態などです。

進行すると運動麻痺がおこり足に力が入らなくなったり、直腸膀胱障害と言って尿や便の排出に異常を来たす状態になることもあります。

診療時の検査時にはSLRテスト(仰向けの状態で膝を伸ばして足を持ち上げ、痛みで足の挙上が困難となるかどうかを判断するテスト)陽性、腱反射異常、知覚障害、筋力低下などを認めます。

レントゲン検査では椎間板がつぶれて、狭くなった状態を認められることがあります。

病院に行けば、診断は診察とレントゲンで判明することが多いですが、確定的な診断を下すためにMRIや脊髄造影、椎間板造影、神経根造影などが必要となる場合もあります。

ヘルニア以外にも下記のような腰痛があります。

腰痛イメージ2筋筋膜性腰痛、
いわゆるギックリ腰(西洋では魔女の一撃)

なにかの拍子に(重いものを持ったり、屈んだり、落としたものを拾おうとしたり等)腰に電撃様の痛みが走り、ひどいとそのまま動けなくなります。
これは、筋肉を包んでいる筋膜という膜が傷ついて発症するといわれます。

変形性脊椎症
長年重いものを持つ仕事や、不良姿勢などにより背骨が変形してしまい、周囲の軟部組織を刺激して痛みを発症します。ひどくなると、仮骨形成といって新たに骨が出来て、背骨同士をくっつけてしまう橋状仮骨という状態になります。本来あるべきでない骨が出来ることによって正常な関節の運動が阻害され、バランスを崩すことによって痛みを発症します。

仙腸関節の変位
不良姿勢などで骨盤が歪んでしまい、仙腸関節という関節が位置異常(ずれ)を
起こすことで痛みを発症します。 背骨の真ん中ではなく、指3〜4本程度外側に痛みが出現します。

圧迫骨折
加齢や骨粗鬆症などで背骨が弱っているところへ、しりもちや直接強打などにより
腰椎がつぶれた骨折をいいます。折れた腰椎の限局性の痛み、腫れ、強い痛みを発症します。変形したまま治ってしまうと、腰が不自然に折れ曲がった姿勢になったりします。

梨状筋症候群
臀部の深層にある梨状筋という筋肉に、不良姿勢、悪い歩き方などで過度にストレスがかかり、過緊張を引き起こし痛みを発症します。
この筋肉は坐骨神経の出口にあるので、緊張により坐骨神経の出口をせばめ、神経を圧迫し、足にシビレや放散痛を誘発します。

梨状筋症候群はまれに腫瘍との鑑別が必要なため上記のような検査が必要な場合もあります。

ページの先頭へ

HOME治療方針治療内容お問い合わせ患者様の声よくある質問アクセスサイトマッププロフィールコスモテーピング整体療法とは
コスモテーピング関連情報オーラリーディングレイキホメオパシーコンサルテーションタラソストーンフェイシャルブログリンク