糖質制限→膵臓がん予防にも

おはようございます。代表の草野です。糖質制限というと様々な意見もあるようですが

基本的にかかりつけ医から血糖値が高いと言われていたり、既に糖尿病と診断されている場合は取り組んだほうがいいと思います。訪問で各家庭に伺い施術をしているとやはり食生活について触れないとならない場合もあります。老人の食生活をお聞きしているとほとんど糖質ばかりでたんぱく質が不足している傾向がうかがえます。既になんらかの持病を抱えている方はぜひ食生活を見直して欲しいですね。

 

データから言えるのは、糖尿病になるような生活習慣をしないということです。膵臓がん患者の26%は糖尿病患者というデータがあるからです。

 糖尿病の男性は、膵臓がんの発症リスクが健康な人に比べ2.1倍、女性でも1.5倍高いとされています。膵臓がんの原因は、ほとんどが膵炎です。膵炎は、血液中に糖分が増えることで起こります。

 ということは、糖尿病を予防するような食事や運動などで生活習慣を改善するように心がけることが、「最悪のがん」の予防になるということです。 引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00010000-yomidr-sctch&p=2

やはり、何事も予防が大切ですね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. アクセス

    アクセス・地図 院名 ボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院 所在地 〒157-…
  2. 女性鍼灸師 佐藤佳菜子

    佐藤佳菜子 鍼灸師10年目を過ぎた頃に、前々から興味があった漢方薬についてもっと勉強を…
  3. 男性鍼灸師@草野健朗

    草野健朗国学院久我山高校、青山学院大学とラグビーに打ち込んだ学生時代。卒業後会社員を経験後、トレーナ…
ページ上部へ戻る