HWN155 代謝を上げて健康になる

カロリー消費のポイント

目覚めに1杯の白湯

前日の最後の食事から16時間をあけて朝食をとる

タンパク質を摂る

辛いものを食べる

上記は代謝を上げる食生活習慣で簡単に取り入れることができることです。

目覚めに1杯の白湯

代謝が上がるので脂肪が燃えやすくなります!内臓があたためられると老廃物がでやすくなるのでデトックス!浮腫みや便秘に効果があり!なによりお金がかからない。

前日の最後の食事から16時間をあけて朝食をとる

朝食は、「ブレックファスト」(Breakfast)と英語ではいいます。「断食を破る」という意味があります。断食とはある一定時間食べることをしないことです。理想的には夕方に夕食を食べてから翌朝に朝食を食べるまで食事をしないことが内蔵を休めて代謝をあげることになります。

12時間から16時間程度空けて食べると、短時間しか空けないで朝食を食べたときよりも、体内時計がリセットしやすいとの研究結果もあります。

タンパク質を摂る

基礎代謝は筋肉と密接に関係があります。筋肉が多い場合は基礎代謝が多くなることはよく知られています。食事の際に筋肉の元となるたんぱく質を豊富に含んだ食べ物を食べることで、基礎代謝を向上させます。

辛いものを食べる

例えば辛いもの代表の唐辛子に含まれるカプサイシンは、アドレナリンやノル アドレナリンの分泌を促進させると言われています。 アドレナリンには血流増加作用・食事誘発性産生作用(食事後に代謝量を増加させる)・発汗作用・抗菌作用があります。またノルアドレナリンには熱産生作用があります。

トウガラシを食べると体が暖かくなるのは上記の理由からです。運動前にカプサイシンを摂取することで「脂肪の燃焼が促進された」という研究結果も出ています。

カプサイシンが交感神経系に作用してノルアドレナリンの分泌を促進 →ノルアドレナリンが脂肪細胞中のホルモン感受性リパーゼを活性化 →中性脂肪の分解が促進される →分解された脂肪が、運動により多く使われるということで代謝を上げることに一役買っています。

知らぬ間にメタボが進む!「基礎代謝を下げてしまう」NG行為7つ

■1:乱れた食事時間

忙しすぎて朝ごはんを抜き、11時ごろスナックをボリボリ。ランチは仕事を抜けられず、午後になってから急いでハンバーガーを食べ、夕ごはんは夜9時過ぎ……なんて、食事内容はまだしも、食事の時間がバラバラな生活を送っていませんか?

2012年に行われた実験によると、高カロリーの食事を不規則な時間に食べたネズミは、同じものを一定の時間に食べたネズミよりも、体重の増加が多かったそうです。まずは食事の時間を一定にすることを心がけましょう。

■2:野菜や果物の農薬

「サラダを毎日たくさん食べても、一向に体重が減らない」という場合、意外なところに原因があるのかもしれません。

カナダで行われた研究によると、有毒な農薬が付着した生鮮食品を食べると、エネルギーを燃やす機能に支障が出て、基礎代謝が鈍くなるそうです。リンゴ、セロリ、イチゴ、ピーマン、葉野菜など、農薬の影響を受けやすい食品は、オーガニックのものを購入するようにしましょう。

■3:睡眠不足

自分の時間が夜中しかなく、つい日付が変わっても起きている、という日々を続けていませんか? 気持ちは分かりますが、これもやはりメタボの原因となります。

人間の体は寝ている間もエネルギーを燃焼しているもの。睡眠時間が足りないと、これができないばかりか、翌日も疲れて動きたくなくなります。せめて、1日6時間以上は睡眠をとるようにしましょう。

■4:鉄分が足りない

人間の体に鉄分は必要不可欠。これが足りなくなると、筋肉に酸素が運ばれにくくなり、エネルギーも基礎代謝もガタ落ちするそうです。

鉄分を補充したシリアルと牛乳を一緒に摂ったり、卵、鶏肉、ほうれん草、豆類など、鉄分含有量が多い食品を食生活に取り入れたりしましょう。

■5:少量しか食べない

「ダイエット中で、あまり食べていないのに、全然体型が変わらない」と嘆いていませんか? 十分な食事をとらないと、体が“飢餓状態”になり、かえって基礎代謝が落ちるそうです。

自分の生活に必要なだけの栄養分やカロリーはしっかりとって、エクササイズでカロリーを燃焼しましょう。

■6:ずっと座ったまま

1日の大半をコンピューターの前に座っていませんか? 座ってから20分経つと、基礎代謝のスピードが落ちてくるそうです。

仕事はもちろんしなければなりませんが、気分転換を兼ねてたまには立ち上がり、外に出て体を伸ばしたり、オフィスを歩いてみたりするなどの対策をとってみましょう。

■7:水分不足

仕事で忙しくて、「ふと気づいたら1日中まったく水分をとっていなかった」ということがありませんか? 水分が足りないと、体はエネルギーを燃焼しにくくなるそうです。

机に常に水を用意して、定期的に水を飲むよう心がけましょう。「喉が渇いた」と感じてからではもう遅いそうですよ!
引用元 知らぬ間にメタボが進む!「基礎代謝を下げてしまう」NG行為7つ

ツボ
現代人には朝食は必要ないという意見もあります。私が一番着目しているのは夜何時に最後の食事が終わるのかという点です。仕事で忙しい人はどうしても夜9時前後まで飲みながら食事をしたり、飲まなくても夜9時過ぎに帰宅後に食事をする人も多いです。このような場合は翌朝の朝食に関してはあまり無理して食べないで良いと思います。理想的には夜食べてから16時間は食事をしないで間隔をあけることが大切になります。

おすすめ

代謝を上げると健康になる―免疫、体温、体調アップ体重、血圧、血糖ダウン
代謝を上げると健康になる―免疫、体温、体調アップ体重、血圧、血糖ダウン 鶴見 隆史

マキノ出版 2010-07-15
売り上げランキング : 21929

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. アクセス

    アクセス・地図 院名 せいじょう鍼灸院 所在地 〒157-0072 東京都世…
  2. 女性鍼灸師 佐藤佳菜子

    佐藤佳菜子 鍼灸師10年目を過ぎた頃に、前々から興味があった漢方薬についてもっと勉強を…
  3. 男性鍼灸師@草野健朗

    草野健朗国学院久我山高校、青山学院大学とラグビーに打ち込んだ学生時代。卒業後会社員を経験後、トレーナ…
ページ上部へ戻る