当院では現在治療に関しては自由診療、自費で治療を行って参りました。これからも自由診療と自費による治療は続けて参りますが、保険申請も可能な疾患についてはこれからは積極的に保険診療もやっていこうと思っています。開業当初の4年前はまだ経済的にもいまよりもましな部分がありましたが、今はまた相当経済も下降しております。そんな中で今まで通りの自由診療と自費だけでいいのかと思い始めておりました。これからの時代に適応した治療を考えて提供できるようにしていきます。

▼鍼灸を保険で受診できる疾患

1,神経痛
2,リウマチ
3,頸腕症候群
4,五十肩
5,腰痛
6,頚椎捻挫後遺症(むち打ち症)
7,その他(原因不明の慢性的な痛みの治療)

上記の症状で悩まれている方には保険で施術を受けていただくことが可能です。

▼受診の際に必要な医師による同意書

医師の診断を受けていただく必要があります。上記の疾患・症状で悩んでいる患者さんは医師が鍼灸・マッサージ治療に同意することを証明する「同意書」を発行してもらうことで保険で鍼灸が受けられます。 東洋医療への理解が広まりつつある昨今、鍼灸・マッサージ治療の効果について理解する医師が増えています。まずは当院までご相談ください。

▼患者さんの保険取り扱い手続きは次の手順で行って下さい

先ず、これからかかろうとする鍼灸院にお問い合わせ下さい。
その鍼灸院へ「同意書」と云う用紙をもらいに行って下さい。
同意書を、日頃治療を受けておられる医院、病院等に持参されて必要事項を記入して戴いてください。なお、同意書の代わりに、病名、症状及び発病年月日が明記され鍼灸の治療が適当であると判断できる診断書でも結構です。
記入済みの同意書、保険証と印鑑を鍼灸院に持参して頂ければその後の手続きは、鍼灸院で行います。

▼注意事項

鍼灸の保険適用につきましては、次ぎの事項にご留意下さい。

その病気は、先に医師の治療を受けていること。
保険で鍼灸を受けている期間、その病気についてのみ医院、病院にかかれません。他の病気の治療は受けられます。
同意書を書いて頂く医師は日頃かかりつけの先生がよいです。

最初に医師の同意を受けてから、それ以後は、3ヶ月毎に再度、同意が必要です。但し、再度の同意は同意書に記入してもらう必要は無く口頭で結構です。

保険の種類によっては、取り扱いが出来なかったり、患者さん本人が手続きをしなければならないものもありますので鍼灸院にお問い合わせ下さい。

▼高齢化社会でできること

鍼灸師として現場にたって10年以上が経過いたしました。これからは深刻な高齢化社会が待っています。病院での診察だけではなかなか改善しない患者さんも増えてくると思います。そんな中で鍼灸師としてできることをもっともっと取り組んで行きたいと思っています。ひとりでも多くの患者さんに鍼灸を体験して欲しいと思っています。

▼保険診療をご希望の方へ

お問い合わせはこちらから
>お問い合わせ

ご予約はこちらから
>>PCはこちらから

>>携帯・スマホはこちらから
上記のURLにアクセスしていただき
ご予約を24時間することができます。

治ったら何がしたいですか?

 

当院が真剣にあなたの健康を取り戻す相談にのります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. アクセス

    アクセス・地図 院名 ボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院 所在地 〒157-…
  2. 女性鍼灸あん摩マッサージ師@古川恵

    天野恵プロフィール 鍼灸師への道 幼い頃からアトピーとともに成長してきました。 アトピー…
  3. 女性鍼灸師@鈴木誉子

    鈴木誉子鍼灸が難聴、耳鳴り効果あると言われる鍼灸治療を受けました。残念ながら、私には功を奏さなかった…
  4. 女性鍼灸師 佐藤佳菜子

    佐藤佳菜子 鍼灸師10年目を過ぎた頃に、前々から興味があった漢方薬についてもっと勉強を…
  5. 男性鍼灸師@草野健朗

    草野健朗国学院久我山高校、青山学院大学とラグビーに打ち込んだ学生時代。卒業後会社員を経験後、トレーナ…
ページ上部へ戻る